o-お金借りたい|にっちもさっちもいかない方へ

リフォームローンの借入先について

中高年の年齢になると発生しやすいのが、住宅のリフォームのための費用の用意です。コツコツと貯蓄していた方にとっては関係ないかもしれませんが、多くの方は教育費の出費のほうが多く、リフォーム資金を用意していないことも多いのではないでしょうか。今回はリフォームローンをキャッシングでまかなうコツを紹介します。

 

リフォームローンが必要となる事例
  • 屋根から雨漏りがするため
  • 断熱性能を上げるためのリフォーム
  • 下水道管の劣化
  • サイディングのメンテナンス
  • キッチンを新しくしたい

これらの理由が上げられるでしょうか。ほかにも長年住んでいると住宅は劣化してきますから、様々な箇所でリフォームする必要が出てきます。

 

リフォーム資金はどこから?

ではこれらのリフォーム資金をどこから用意するか解説します。
例えば屋根、サイディング、水道管などのリフォーム費用は最低100万円、多くて200万円くらいかかることがあります。これらの費用を一度に出せる人は少なく、どこかからお金を借りなければなりません。

  • 自治体からの低金利融資
  • カードローン
  • 銀行のリフォームローン

などが借入先としてあげられます。自治体の場合は借り入れ条件が借りられている場合も多く、銀行では審査が必要です。比較的幅広い方が利用しやすいのがカードローンです。最近は100万円〜300万円くらいの高額融資が利用できる業者もあるため、借入先のひとつと考えてみるのも良いかもしれません。

教育費が足りなくなったら?

中高年の方といったら、子育て真っ盛りの方も多いのではないでしょうか。
幼稚園や小学生など子どもの年齢が低いならまだしも、高校生や大学生など大きくなるに従い教育費の費用も増えがちです。場合によっては10万円以上など大きな金額を一度に用意しなければならないこともあるでしょう。そんな場合で教育費を借りるコツについて紹介します。

 

意外と高い入学金について

今はどの家庭も子どもの数が少ないため、1人にかける費用が増えてきています。有名な私立学校に入れたいと思っている親御さんも多くいます。これらの学校は公立や市立などとは異なり公的資金の援助が無いため、入学金に100万円必要というケースも多くあります。そのほか制服代、毎月の授業料、文房具や被服費など何かとお金もかかります。事前にその費用を考えておかなければ、一度に用意するのは容易ではないのです。

 

教育費の借り入れはどこから?
  • 公的な支援
  • 国がやっている教育ローン
  • 銀行の教育ローン
  • キャッシング

公的な支援は学業が優秀で生活に困っている人などが受けられるものです。
国のローンは多くの方が利用できますが、申し込みに時間がかかるなど直ぐに利用することはできません。銀行の教育ローンは早めに申し込み、審査に通過してはじめて利用することができます。急ぎで借りたいというニーズならキャッシングを考えてみるのが一番です。一時的に高額な費用を借りて、後々銀行や国の教育ローンに借り換えするという方法もあります。

 

借入の方法を知りたい方は

香典の準備に役立つローンについて

中高年の年齢になると悩みどころなのが、親戚など周りの人たちが亡くなるケースも多いことです。時には毎月葬式があり大きな出費となる場合があります。誰でも人が亡くなることは予想していませんから、場合によっては費用を捻出できないこともあるのではないでしょうか。更に中高年となると子どもの教育費、住宅ローンなど色々な面でもお金が必要となり、香典を準備できない人も多いのが実情でしょう。

 

近い親戚だと高額になる香典

知り合いや近所の人なら3,000円や5,000円など小額の香典で済ます人が多くなっています。一方近い親戚の場合はそれなりにお金を包む人が多いようです。時には10万円など高額な費用を渡し、お世話になった人への感謝の気持ちを込める場合もあります。それに親戚の場合は一回忌、三回忌などの節目にも参加するため、意外と費用がかかるケースが多くなっています。

 

香典の用意ができない場合

香典を用意できない場合、どのようなお金の借り方があるのでしょうか。人が亡くなるのは誰も予想できず、突然のことも多いためなかなか費用は捻出できません。そんな時に便利なのは次のような借入先です。

  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング

消費者金融や銀行などのカードローンを既に保有なら、突然の事態にも対処できます。また大人なら誰でも1枚は持っているクレジットカードのキャッシング機能も役立ちます。

再就職のための費用

中高年くらいの女性だと、子育てが一段落して再就職しようと考えている方も多いでしょう。今は女性も外で働く時代で、教育費や生活費・自分の趣味のためなど色々な目的で働く人が増えています。少しでも家計の助けになり、社会貢献したいと考える女性も多いようです。しかしそんな時に問題となるのが再就職のための費用です。今回は中高年の方が再就職するためにかかるお金について紹介します。

 

再就職にかかる費用とは?

就職活動をするのには意外と費用が必要です。まして今まで子育てを中心とした生活をしてきた方にとっては、スーツを一から揃えるなど身なりを整える費用が必要となります。子育てではカジュアルな服装が多く、イザ再就職するためにスーツを引っ張り出してきても、古いものは時代遅れだったりサイズが合わないこともあります。再就職には次のような物を揃えると良いでしょう。

  • スーツ
  • パンプス
  • きちんとしたバッグ

 

再就職費用の借入先に付いて

再就職に必要な物は最低でも1万円程度、多い場合で数万円程度見ておけば大丈夫でしょう。このくらいの費用をわざわざ銀行に行って借りるのは手間なため、キャッシングやカードローンなどが役立ちます。消費者金融のローンでも1ヶ月だけ借りるなど短期間ならそれ程利息は高くならず、直ぐに借りられるため考えてみても良いでしょう。

車の購入費用の借入先

今では1家に1台だけでなく、1人に1台準備することが多いのがマイカーです。家族のライフスタイルも異なり、女性も働きに出て車が必要なケースも多くなっていますから、それぞれ車を用意したいと思うのではないでしょうか。そんな時に考えたい車の購入費用の借入先について紹介します。

 

色々なニーズにより選びたい借入先
  • ディーラーローン
  • 銀行のマイカーローン
  • 信販会社のローン
  • キャッシング

車の購入費用の借入先としてこれらが上げられます。
金利が低いことからディーラーローンを一番に選択する方が多くなっています。
次に銀行や信販会社、最後にキャッシングです。ディーラーの場合は金利が一番低いのがメリット、逆にデメリットとなるのが所有者の面です。持ち主が購入者ではなく、ローン返済終了まではディーラーとなるケースもあるため注意しましょう。そういった事情を避ける方の中にはキャッシングを選ぶ人もいるようです。

 

キャッシングを選ぶメリットとは?

車のローンでキャッシング、通常は考えない人が多いのではないでしょうか。
その理由は金利が一番高いからです。しかし最近は大手銀行もカードローンで手軽にキャッシングできる商品を提供しており、以前より低金利で借りられる商品も出てきました。利用限度額が大きければマイカーローンとそれ程変わらない金利になることもあるため、考えてみるのもおすすめできます。

親の葬儀費用どうする?

中高年くらいの年齢の人がかかえやすいのが、親の葬儀費用の問題でしょう。
40代前後になればそろそろ親も高齢で、病気にかかってしまう可能性もあります。誰も自分の親が亡くなるとは思っていない為、意外と葬儀費用に苦労する人が多いのです。親の葬儀費用の借入先について紹介します。

 

葬儀費用はいくら必要?

では葬儀費用はいくらくらい必要でしょうか?比較的小規模な家族葬でも参列者の人数により100万円近く、一般の葬儀では200万円から300万円くらいかかるケースも多くなっています。火葬のみとか1日葬の場合では20万円から30万円など少ない金額でもできます。それでも高額な費用を一度に用意することには変わりがありません。

 

葬儀費用の借入先について

葬儀については突然のことが多いため、銀行でお金を借りる人は少なめです。葬儀会社が用意する各種ローンを利用したり、クレジットカード払い、カードローンなどで借りるケースが多くなっています。最近では銀行系のカードローンも登場し、最高300万円くらいまで低金利で借りられる所も出てきました。イオン銀行やセブン銀行のような流通系も参入し、ますます利便性が高まっています。

  • 葬儀会社が用意するローン
  • 小額ならクレジットカード払い
  • 費用が大きいなら銀行系のカードローン

このような借り方が便利なため、知識として取り入れておいてみてください。

 

借入の方法を知りたい方は

関連したサイト

e-今すぐお金を借りる・・・直ぐにお金を借りたいと思ったときに利用したキャッシングの体験談を紹介します。