親が要介護に費用はどうする?

親が要介護に費用はどうする?

中高年くらいの年齢の人たちは、親の介護費用についても考えておく必要があります。今は介護保険があり、費用の一部は国が負担してくれるといっても、様々な費用を用意しなければならないケースも出てきます。親の介護に関わる費用と、その借り入れ先について紹介します。

 

親の介護に必要な費用
  • 介護ベッドなど用具を揃える金額
  • 毎月の生活費
  • 施設に入所するための費用
  • ヘルパー代

ほかにも色々と費用がかかりますが、大まかなものはこれらです。
介護ベッドなどはレンタルが利用でき、費用の一部は介護保険にてまかなえます。
毎月の生活費は生活保護や障害年金も申請できるため利用してみて下さい。施設代は民間の経営する場所だと、入居費用が高額な場合もあるため注意しましょう。ヘルパー代は介護保険適用のため負担は少なくなります。

 

介護費用の借り入れについて

一番高額になりやすいのが、民間施設への入居費用です。
毎月最低でも10万円以上の費用が発生し、入居費もまとまった金額が必要です。
これらの費用は本人が出せなければ、子どもが負担しなければなりません。銀行のフリーローン、カードローンなどが借入先としてあげられます。そのほか公的機関から低金利で融資してもらえないか聞いてみるのも良いでしょう。ただし今後は高齢化社会に伴い、公的融資は多くの人が頼れない事情が出てくる可能性もあるため、それ以外の方法も考慮しておくことをおすすめします。